fc2ブログ

昇段試験

  • 2009/07/25(土) 23:18:26

一般手本
一般の方の昇段試験の手本を書いてみました。1級からは条幅(半切)の課題が加わります。
やはり大きい紙に書くというのは大変なもので、ただそういう苦労をすると小さい紙に書くのが楽に感じられます。
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
宜しければ ポチッぽちっ とお願いします

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

●菫さんへ

私の所属している会は草仮名をかかれる方も多くいらっしゃいます。草書の漢字作品かと思って見ると、1字1音の表音文字の作品なんですよね。なので私の周りには漢字も仮名も常に混在しているというか…
まだまだわからないことばかりですが、少しずつ頑張っていこうと思っています。
気が向いたら更新していますのでまた覗いてみてください^^;

  • 投稿者: 筆者
  • 2009/08/19(水) 11:12:32
  • [編集]

あ、そうだ、そうでした~(汗)
かなで、同様のことをいつもいつもしているのに、どうして気づかなかったんでしょう!!

そうですね、確かに・・・・今度そうしてみます。
灯台下暗しのような感じです、でも、おかげさまで気づけました、ありがとうございます。

もうすぐ展覧会ですね、私も見に行ってお勉強してまいります。
何度もありがとうございました。

  • 投稿者: 菫
  • 2009/08/19(水) 08:45:26
  • [編集]

●菫さんへ

そうですね。私も書くと2字位で墨が切れます。
なので墨継ぎ位置でなくても墨を付けることはよくあります。ただ付けたことが極力わからないようにします。
古筆「蓬莱切」を学生に書かせるときも、墨継ぎ位置まで墨が続かないようで同様のことを言っております。
私も潤渇は謎なところが多いので、展覧会に行って色々な先生方の墨継ぎ位置を見たりしています。何文字続けて書いているかなあと。

  • 投稿者: 筆者
  • 2009/08/19(水) 08:14:29
  • [編集]

こんばんは。
あつかましく質問いたしましてすみませんでした。

丁寧にお答えくださりありがとうございます。私が購入した本にも、ちょうど同じような指導が書いてありました。
でも、自分でやってみますと、一行目の最初に墨を入れたものが3~4文字続かないのです(汗)
それで2文字くらいで入れてしまい、どこも同じような墨の具合になってしまいます。
未熟なせいと思いますが、最初のつけ方がたりないのでしょうか?
ここでお聞きしてもわかりづらいですよね。ほんとに申し訳ありません。

  • 投稿者: 菫
  • 2009/08/18(火) 23:38:24
  • [編集]

●菫さんへ

コメントありがとうございます。
入選おめでとうございます。お返事が遅くなりました;
潤渇は付けますよ。漢字だから、仮名だからといって墨の入れ具合を変えたりはしません(私の場合ですが)。
基本的なところは同じではないですかね…1行目の頭は黒く、2行目の頭は白くと。
半切2行でしたら1行目冒頭、それから3~4字ごとに墨をつけ2行目は隣同士で潤と潤にならないような位置で墨を付けます。墨継ぎの位置を結んだ時、三角形ができるようにします。
というのが基本的なところではないかと思います。
今年の読売展は4行にしたのですが、潤渇は勘です。というより、8割潤で2割渇といった具合です。

  • 投稿者: 筆者
  • 2009/08/18(火) 23:03:41
  • [編集]

別の記事にコメントさせていただいた菫です。

私は、今は仮名を中心に楽しんでおりますが(展覧会など)、子供の頃から漢字を学び、今もマイペースで学んでおります。(仮名はある会派の先生にお世話になっておりますが、漢字は家で学び、別の先生にはつかずに、この仮名の先生に少し見ていただいています)

漢字は仮名より未熟です・・・が、今度昇段試験がありまして、やはりこのような常幅の臨書の課題があります。(蘭亭序)
独学という形になっており、細かい質問がしづらい状況です。
基本的な質問でお恥ずかしいのですが、こういう臨書の常幅の場合、墨の入れ方はどのようにするのが一般的でしょうか。2行で書く場合、どこで入れるかでいつも迷います。かすれなどはないのがいいのですか?

私がお世話になっているのは仮名の先生ですので、チョット質問しにくいのです、厚かましいですが少しご指導くださいませ。

  • 投稿者: 菫
  • 2009/08/17(月) 09:06:17
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する